プリンターのインク代が高過ぎて


パソコンを買うと、一番最初に欲しい周辺機器はプリンターだと思います。
遠い昔ですが、私がパソコンを始めた頃、プリンターは2万円とか3万円していました。
今は、複合機でも、1万5千円出せば買えます。スキャナが欲しくて10万円で買ったのは今から思うととんでもない浪費だったのかも知れません。

さて、プリンタ(複合機)は安くなりましたが、インクは相変わらず高いままです。
先日買った複合機は本体が6千円で、インクが一式4千円でした。
しかも、ちょっと印刷するとインクがなくなります。
インクの減りはあまりにも早過ぎて、印刷することがためらわれます。

数年前に買ったプリンタを安く維持するため、インクは代替えの詰め替えインクにしてみました。
3回詰め替えができて価格は約半額でした。
詰め替えのときはちょっと指先が汚れたりしますが、節約できる金額は本体を数台買える額です。
ただし、純正インクを使っていない場合、保証期間中に故障しても、無償での修理にはなりません。

しかし、正直なところ、本体は安いので、不具合が起きたら買い直せばいいと思っています。
保証期間に壊れることはあまりありませんし、詰め替えインクを使うことで、節約はできていますから。