電子書籍に言いたいこと


最近、マンガをKindleで読むことが多くなった。
書店に行かなくても気軽に買えるし、
なにより家の中でコミックスがあふれることもない。
地元の書店には気の毒だが、
そこにはひと月にけっこうな金額を落としているので
まあ許していただきたいとは思う。

それにコミックスで保存しておきたいと思う本も多い。
数十ページ前に戻ってみたりする時など、
コミックスの閲覧性は、電子書籍のかなうところではないからね。

片や電子書籍には、付箋やメモ書きなど、
なかなか便利な機能も多い。
適度に棲み分けしてくれることを願うものである。

また私のKindleは比較的小型なので、
ルビなど見にくい場合も多いが、拡大も自在なのでとても便利。

電子書籍を読み込むスピードだが、
白黒のマンガを読む文には支障はない。

ただし、カラーの写真集などはちょっと心もとないんじゃないか?
こういう時は、ポケットWifiのテザリングに頼れば解決するので、
カラーの写真集を電子書籍で見たい人はこのサイトでポケットWifiをよく比較してみるといい。
ただ、タブレット端末はバックライトで目が疲れることもしばしばある。
そんな時には、カラー端末ではなくて電子ペーパー版を買えば良かったかと
少し後悔もするが、電子ペーパー版はすでにSONYのreaderを持っている。
ふたつともモノクロにすることもあるまいとカラー端末にしたのだが…。

さてさて、その最初の電子書籍端末readerは、
最初のバージョンゆえ、読めるデータ形式はXDML形式しかない。
もちろんPDFもテキストも読めるけど、
現在主流となりつつあるEPUB形式は扱えないし、
もちろんKindleのデータを読めるわけもない。

でも、電子書籍を扱うネット上のショップにある本しかどうせ読めないわけだし、
新刊もたくさんあるけど、読みたい本がすべて揃っているわけでもない。
あるものの中で選書しなければならないのは、
そこらの書店と一緒だ。

SONYのreaderは、文庫大のサイズで極薄なので、
上着の内ポケットなどに入れて持ち歩くには超便利な逸品である。
まあ今やスマホの時代なので、あまり自慢はできないが、
それでも電子ペーパーの視認性の良さと、
すさまじいばかりの省電力性能には感心するばかりだ。

そのreaderにて、『スターウォーズ解体新書』という本を読んだのだが、
驚いたことに実はこの作品、エピソードⅠ公開前の作品で
もはや化石のような情報が満載の本なのだった…。

最初にそのことに気付いた時は少し暴れた。
ばかやろー!! こんな古事記みたいな本を、新刊のふりして売るナー!
初版の刊行年月日くらいわかるようにしとけー!ぎゃーすぎゃーす!

エピソードⅠを家族揃って観に行ったのは、長男が中1くらいの年である。
本書を読んでいると、あら不思議、その頃の思い出が蘇ってくるではないか。
そんなわけで、興が乗ってしまった。
外出してうちの奥さんの買い物を待つ間などに、ちょこちょこ読んで、
このたびついに読み終わってしまったのだ。
readerには、ほかにも何冊も読むべき本を入れてあるのに、
投げ出さずに完読したのは、自分を褒めてやりたい気分だが、
何か別の未読な本を読んだ方が良かったのではないだろうか。

まあいいさ。人生無駄な遠回りも時にはいいものだろう。
本文中、
「…ダース・モールとダース・シディアスの名前が判明している」
などと書かれてあり、
うん、君の情報は正確だね
などとにやにやと楽しんでしまったのも確かだから。

さて、まとめておこう。
・電子書籍にはいくつかのデータ形式があり、専用端末だと読めない本もある
・ネット上では古くなった書籍も新刊のふりして売っている
・欲しい本に限ってデータ化されていない。その結果いらん本を買ってしまう
・カラータブレットは眼が疲れて長時間の読書には向かない

電子書籍を宣伝する雑誌記事などにこれら詐欺まがいの事実は載っていなかった。
だから強く言っておこう。
売らんかな主義で、実態を隠していては電子書籍の普及は遅れるよ、と。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)